ドイツポンコツ実験記

貯金なしでベルリンで生きられるか1年の実験記です。

今月ベルリンへ出発

もうすぐドイツベルリンでの生活が始まります。

正直ここまでの展開が早すぎて、自分でもまだ信じきれていません。

 

なんでドイツ?とかなにしに行くの?その先にどんな展望が?とか聞かれて、いろいろ建前はあるんですけど、詰まるところ実験しに行きます。貯金なし身1つ海外でサバイブできるかの実験です。その先の展望なんてありません。

 

ちなみにドイツにしたのはたまたまネットサーフィンで「新卒海外フリーランサーwasabiさん」の記事を見つけて、「ビザが取りやすい」「英語が通じる」「生活費が割と安い」ということを知って、「ドイツか~ありだな」とヒントをもらったのが大きなきっかけでした。手に取るデザイン書がドイツのものばっかりだったのにも運命を感じていました。それが7月。 8月には航空券を探して、一番安い12月のチケットを買いました。

 

勘違いされることが多いんですけど、大前提として私は基本的に旅好きではありません。刺激とか不安定とかコミュニケーションに弱い人間だし、できることならずっと誰かに守られて家の中でダラダラとしていたい。

 

ただ自分自身について言える真意は、そんなぬるま湯の中にいたらとことんダメになる人間だっていうこと。そして逆に自分の苦手な境地に追いやられると、不思議と力が湧いてきたりして、自分でもよく分からない運にも恵まれる。いいアイデアが生まれる。そういう人間です。 

 

だからそんな、自分でもわからない自分を、まあみて見たいということです。それがこのドイツポンコツ実験記です。

 

そしてこの実験記の目的は、そんなポンコツを支援してくれる人を集めることと、この日記が誰か一人でも多くの人の足しになること、です。実現するのかな?

 

めらくそに飽き性の極みの人なので、明日には終わってる可能性もありますが、まあそれも実験ですね。よろしくお願いします。